kikki's tech note

技術ブログです。UnityやSpine、MS製品など技術色々について解説しています。

C#でGoogleSpreadSheetを扱うDLL その2

Googleの新しい認証の仕組み「OAuth2」に対応した、DLLを作成しました。


GoogleAPI経由でのGoogle SpreadSheetへのアクセス方法について、5月より認証の仕組みを変更しました。
今回それに対応したDLLになります。

Microsoft OneDrive - Access files anywhere. Create docs with free Office Online.

※上記で公開しているDLLは、私が個人的に作成したものであり、本DLLにより生じた、 あらゆる直接的および間接的損害に関し、作者は一切責任を負いません。ご自分の責任において使用してください。

※本章は、以下、記事のアップデートになります。kikki.hatenablog.com

以下、変更点です。
GSpreadManagerの引数だけの変更となります。

DLL解説

名前空間

GSpreadApps

基本型:GSpreadManager

できること

スプレッドシートの取得

使い方
// GoogleDriveにログイン
var manager = new GSpreadManager("アカウントID", "p12ファイルのパス");
// Spread Sheetを取得
var spreadSheet = manager.GetSpreadSheet("スプレッドシート名");
// 引数に指定した名前の文字列を含むSpread Sheetを取得
var spreadSheet2 = manager.GetSpreadSheetLike("スプレッドシートの部分名");

ただし今回からGoogleのアカウトではなく、P12ファイルが必要となります。
以下、P12ファイルの作り方です。

P12ファイルの作り方

Developer Consoleからサービスアカウントの作成

以下URLよりサービスアカウントを作成します。
Sign in - Google Accounts

OAuthで「新しいクライアントIDを作成」を選択します。
f:id:kikkisnrdec:20150616104323p:plain

p12キーファイルをダウンロードします。
f:id:kikkisnrdec:20150616104428p:plain

メールアドレスをコピーします。
f:id:kikkisnrdec:20150616104455p:plain

閲覧・編集したいGoogleDocumentの「共有設定」で、上記メールアドレスを「編集」権限で共有します。

最後に、DLLを使用するプロジェクトにP12ファイルを配置します。

これで準備は完了です。
以前と同様に、DLLが使えるかと思います。

※無断転載禁止 Copyright (C) 2015 kikkisnrdec All Rights Reserved.