読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kikki's tech note

技術ブログです。UnityやSpine、MS製品など技術色々について解説しています。

SlackサービスとTrelloサービスの連携でタスク起票を楽に! -デプロイ編-

本章では、前章に引き続き、デプロイ作業について解説していきます。kikki.hatenablog.com

※注意
本章では、AzureのWebAppsサービスにデプロイする前提で作業を進めていきます。

Azureの設定

Azure Cross-Platform Command-Line Interface

CUIでAzureを操作するために、Azureのターミナルツールをインストールします。

sudo npm install -g azure-cli

不要なパッケージの削除

Hubotでは、Herokuにデプロイする前提のパッケージが盛り込まれています。しかし本章では、Azure上にデプロイするため、Azureに不要なパッケージを削除します。

npm uninstall hubot-heroku-keepalive --save
npm uninstall hubot-redis-brain --save
rm Procfile

また今回は、HerokuやRedisを使用しないため、以下の項目を削除します。
[external-scripts.json]

// 以下の二項目を削除する
"hubot-heroku-keepalive",
"hubot-redis-brain",

Hubot実行環境の設定

WebAppsで、hubotが実行されるようファイルを追加します。
[server.js]

require('coffee-script/register');  
module.exports = require('hubot/bin/hubot.coffee');  

Hubotの呼び出し処理を調整します。
[./bin/hubot_child]

var exec = require('child_process').exec;
var fs = require('fs');

exec('node_modules/.bin/hubot --name "hubot" "$@"', function(error, stdout, stderr){
 if(stdout)
  fs.writeFile('errorLog.txt', 'stdout: ' + stdout, function(err){});
 if(stderr)
  fs.writeFile('errorLog.txt', 'stderr: ' + stderr, function(err){});
 fs.writeFile('errorLog.txt', 'error: ' + error, function(err){});
});

そして以下の記述を「package.json」ファイルに追加します。
[package.json]

  "scripts": {
    "start": "node ./bin/hubot_child"
  },

以下の処理を「# 3. Install npm packages」ブロックの後に追記します。
[deploy.sh]

# 4. Create Hubot file with coffee extension
cp "$DEPLOYMENT_TARGET/node_modules/hubot/bin/hubot" "$DEPLOYMENT_TARGET/node_modules/hubot/bin/hubot.coffee"  

gitにpush

git情報を更新します。

git init
git add .
git commit -m "Initial commit"

Deploy

アカウント情報の設定

Azureのアカウント情報を設定します。

azure account download
azure account import 【上記でダウンロードしたpublishsettingsファイルのパス】

Azure上にWebAppsを作成

WebAppsにWebサイトを作成します。

azure site create 【サイト名】 --git

デプロイ先の設定

デプロイ先の設定をします。

git remote add azure https://【ユーザ名】@【サイト名】.scm.azurewebsites.net:443/【サイト名】.git

WebAppsに環境値を設定

HubotをSlackで利用する上で必須なパラメータをWebApps上に設定します。

azure site appsetting add HUBOT_SLACK_TOKEN=【SlackのToken】
azure site appsetting add HUBOT_ADAPTER=slack
azure site deploymentscript --node

Deploy

最後にデプロイします。

git push azure master

これで、ローカル環境でHubotを実行しなくとも、HubotとSlackを連携させたサービスを利用できるようになります。

筆休め

本章では、SlackサービスとTrelloサービスを連携させるために、Hubotを用いたBotサーバーを準備しました。次章では、Trelloへの設定を紹介します。

以上、「SlackサービスとTrelloサービスの連携でタスク起票を楽に! -デプロイ編-」でした。

参考記事

www.jasonpoon.ca
blog.shibayan.jp
github.com
azure.microsoft.com

※無断転載禁止 Copyright (C) 2015 kikkisnrdec All Rights Reserved.