読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kikki's tech note

技術ブログです。UnityやSpine、MS製品など技術色々について解説しています。

SlackサービスとTrelloサービスの連携でタスク起票を楽に! -ローカルインストール編-

Slack

本章では、SlackとTrelloの連携を図ってみたいと思います。(2015/08/24時点)

はじめに

チャットコミュニケーションツールには、以下の様なサービスがあります。

  • Campfire
  • ChatWork
  • HipChat
  • Slack
  • Yammer

これらの中でも、Slackは、エンジニア界隈で非常に人気があります。人気がある理由として、他のサービスと連携し、チャットだけでなくBOTのような扱いができるという特徴があります。
他のサービスの例として、以下の様なサービスがあります。

Slack一つで、様々なサービスを使うことができるという特性を備えているため、他のサービスを直接見に行く必要がなくなります。

本章では、それらサービスの中でも、タスクを管理できるTrelloとSlackとを連携させてみたいと思います。
以降、連携に必要となるHubotのサービスのインストールについて解説します。

WEBサイトからインストール

まず、以下のソフトウェアをインストールします。

Node.js

以下サイトよりNode.jsをインストールします。
Node.js
nodeが正しくインストールされたことを確認します。

node --version

NPMを用いたインストール

hubotとcoffeescriptのインストール

hubotとcoffeescriptをインストールします。

sudo npm install -g hubot coffee-script

hubotが正しくインストールされたことを確認します。

hubot -v

yoとgenerator-hubotのインストール

yoとgenerator-hubotをインストールし、hubotを作成するフォルダを指定します。

sudo npm install -g yo generator-hubot
mkdir -p trelloBot
cd trelloBot
yo hubot

インストール途中、以下の質問に答えていきます。

? Owner: 【ユーザ名】<【メールアドレス】>
? BotName: 【ボット名(trellobotなど)】
? Description: bot for trello
? Bot adapter: slack

SlackAdapterのインストール

Hubotと連携させたいサービスのAdapterをインストールします。今回は、SlackのAdapterをインストールします。

npm install hubot-slack --save
export HUBOT_ADAPTER=slack
export HUBOT_SLACK_TOKEN=【SlackのToken】

※上記のTokenは、URL「https://【チーム名】.slack.com/services」から取得します。

テスト

ローカル環境

ローカル環境で正常に動作するか、確認します。

HUBOT_SLACK_TOKEN=【SlackのToken】 ./bin/hubot --adapter slack

上記コマンドを実行後、Slack上で「@【ボット名】 ping」と打つと、「PONG」が返ってくることを確認します。

筆休め

本章では、SlackサービスとTrelloを連携させるために、Hubotの設定準備を行いました。次章では、デプロイ作業を行っていきたいと思います。

以上、「SlackサービスとTrelloサービスの連携でタスク起票を楽に! -ローカルインストール編-」でした。

※無断転載禁止 Copyright (C) 2015 kikkisnrdec All Rights Reserved.