kikki's tech note

技術ブログです。UnityやSpine、MS製品など技術色々について解説しています。

ASP.NET Coreでappsettings.jsonを使いこなす

本章では、ASP.NET Coreで、プロジェクト特有の固有値(外部ライブラリのライセンスキー等)を外部ファイルで利用する方法について共有します。

はじめに

ASP.NET MVCでは、Web.configファイルの「appSettings」セクションで、keyとvalueを記述して利用していました。ASP.NET Coreでは、appsettings.jsonファイルに、Web.configと同様に、keyとvalueの組合せを記述して利用します。

準備

まず、NuGetから以下ライブラリをプロジェクトにインストールします。

  • Microsoft.Extensions.Options.ConfigurationExtensions

記載ルール

appsettings.jsonでは、以下サイトのように、JSON形式で記述します。
JSON Introduction

ASP.NET MVCでは、「configuration」セクションの下に「appSettings」セクションを用意して、その中にkey valueを記述していました。ASP.NET Coreでは、直接appSettingsセクションを記述します。また名前は自由です。本章では「AppSettings」として説明します。

jsonファイルのサンプル

今回はWindowsで利用される

{
  "AppSettings": {
    "Hoge": 1,
    "HogeHoge": "MS Project",
  }
}

ソースコード

まず、「AppSettings」をサービスとして利用できるよう、モデルクラスを用意します。
【AppSettingsConfig.cs】

    public class AppSettingsConfig
    {
        public int Hoge { get; set; }
        public string HogeHoge { get; set; }
    }

次に設定ファイルが読み込めるよう、サービスとしてjsonファイル読み込みの設定を行います。
【Startup.cs】

    public class Startup
    {
        public static IConfigurationRoot Configuration { get; private set; }

        public Startup(IHostingEnvironment env)
        {
            // appsettings.jsonファイルの読み込み
            var builder = new ConfigurationBuilder()
                .SetBasePath(env.ContentRootPath)
                .AddJsonFile("appsettings.json", optional: true, reloadOnChange: true)
                .AddJsonFile($"appsettings.{env.EnvironmentName}.json", optional: true)
                .AddEnvironmentVariables();
            Configuration = builder.Build();
        }
        public void ConfigureServices(IServiceCollection services)
        {
            services.AddMvc();

            // appsettings.jsonで設定したKeyValueをエンティティにバインド            
            services.Configure<AppSettingsConfig>(Configuration.GetSection("AppSettings"));
        }
        public void Configure(IApplicationBuilder app, IHostingEnvironment env, ILoggerFactory loggerFactory)
        {
            app.UseMvc(routes =>
            {
                routes.MapRoute(
                    name: "default",
                    template: "{controller=Home}/{action=Index}/{param?}");
            });
        }
    }

最後に実際にコントローラーで利用してみましょう。
【Controllers/HomeController.cs】

    public class HomeController : Controller
    {
        readonly IOptions<AppSettingsConfig> appSettings;
        public ActionLogFilter(IOptions<AppSettingsConfig> _appSettings)
        {
            appSettings = _appSettings;
        }
        public ActionResult Index()
        {
             ViewData["HogeHoge"] = appSettings.Value.HogeHoge
             return View();
        }
    }

【Views/Home/Index.cshtml】

@ViewData["HogeHoge"]

実行すると、WEBページに「MS Project」が表示されます。

筆休め

ASP.NET MVCでは、Configファイルにプロジェクトの設定とフレームワークの設定が両方記載され、肥大化の原因となっていました。ASP.NET Coreでは、必要最低限の記述のみがJSONファイルに記述され、残りはStartup.csファイルにフレームワークの記述がまとめられるようなったので、非常に簡潔な印象を受けます。

以上、「ASP.NET Coreでappsettings.jsonを使いこなす」でした。

※無断転載禁止 Copyright (C) 2015 kikkisnrdec All Rights Reserved.