読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kikki's tech note

技術ブログです。UnityやSpine、MS製品など技術色々について解説しています。

MacでGO言語の開発環境を整える

GO言語を使うために、Macに開発環境を構築したときの手順をまとめました

GO言語のインストール

GOのダウンロード

まずGOのコンパイラを準備します

# goのコンパイラをダウンロードビルド
$ brew install go
# goコマンドの場所を確認
$ which go

GOの設定

次に、バイナリのパッケージを置くためのフォルダを指定します

# GOPATHの設定
$ export GOPATH=$HOME/Documents/go
# PATHの設定
$ export PATH=$PATH:$GOPATH/bin

IDEのインストール

Goglandのインストール

IDEでは今回、現在一番Hotで使いやすいJetBrains社のIDEをインストールします
www.jetbrains.com

検証プログラム

設定が正しく行われているかの確認のために、検証プログラムを作り確認します

package main

import (
	"fmt"
	"net/http"
)

func handler(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
	fmt.Fprint(w, "Hello, world!")
}

func main() {
	http.HandleFunc("/", handler)
	http.ListenAndServe(":8080", nil)
}

なおファイルは、以下の構成で用意する必要があります

$GOPATH
├ bin
├ pkg
└ src
 └ 【プロジェクトフォルダ】

Runの設定

プログラムを実行するファイルを設定します
f:id:kikkisnrdec:20170503113932p:plain

実行ファイルとコンパイルされたバイナリのパッケージフォルダを指定します
f:id:kikkisnrdec:20170503163815p:plain

プログラム実行

Run 'chatapp'

でプログラムを実行し、http://localhost:8080/にアクセスすると「Hello, world!」が表示されます

筆休め

GO言語を使うためのハードルは非常に低いので、気軽に試してみてください

以上、「MacでGO言語の開発環境を整える」でした

※無断転載禁止 Copyright (C) 2015 kikkisnrdec All Rights Reserved.