読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kikki's tech note

技術ブログです。UnityやSpine、MS製品など技術色々について解説しています。

AWSでWebサイト・アプリを構築する -.NET編-

AWS ASP.NET MVC C#

本章では、AWS(Amazon Web Services)で.NETのWebサイト・アプリをデプロイするための手順を共有します。なお本章は、前章までの続きになります。kikki.hatenablog.com
kikki.hatenablog.com

準備

ツールのインストール

AWSでは、VisualStudioから直接デプロイする仕組みが用意されています。以下サイトからそのツールをダウンロードしインストールしましょう。
AWS Toolkit for Visual Studio

ユーザーキー・トークンの取得

AWSへデプロイするためのアカウントのアクセスキーをAWSから取得します。

  1. IAMのユーザに遷移
  2. 「認証情報」の「アクセスキー」で「Create Access Key」を選択

f:id:kikkisnrdec:20150731173106p:plain

VisualStudioでアカウントの設定

続いて、VisualStudioでAWSにデプロイできるよう、アカウントを登録設定します。

  1. AWS Explorer」を選択

f:id:kikkisnrdec:20150731174235p:plain

  1. AWS Explorer」で新規作成ボタンを選択
  2. 一意となるプロファイルの名前を入力
  3. 上述で作成したアカウント情報を入力
  4. 「OK」を選択

f:id:kikkisnrdec:20150731174247p:plain

これにて準備が整いました。

デプロイ

それでは、VisualStudio*1でデプロイ作業を進めます。

  1. 「ソリューションエクスプローラー」でプロジェクトファイルを右クリック
  2. 「Publish to AWS...」を選択

f:id:kikkisnrdec:20150731183940p:plain

  1. 「Redeploy to an exisiting environment」から前章までで作成した任意のBeanstalkを選択
  2. 「Next」を選択

f:id:kikkisnrdec:20150731190320p:plain

  1. プロジェクト情報を入力
  2. 「Next」を選択

f:id:kikkisnrdec:20150731190653p:plain

  1. 「Deploy」を選択

f:id:kikkisnrdec:20150731191530p:plain

デプロイ完了

デプロイに成功すると、以下のように、「出力」ログに成功ログが表示されます。
f:id:kikkisnrdec:20150731192652p:plain

総括

本章では、AWSへ.NETアプリをデプロイする方法について共有しました。Azureにデプロイする時と同様、クリック数回ほどでデプロイできるため、非常に簡単です。昔筆者は、VPSにサーバーを構築してデプロイまで2,3日ほどかかっていました。今は、簡単な設定であれば数時間ほどで作業が終わるため、色々なWebアプリ・サイトを試すいい機会だと思います。

以上、「AWSでWebサイト・アプリを構築する -.NET編-」でした。

*1:なお筆者のVisualStudioのバージョンは2012です

※無断転載禁止 Copyright (C) 2015 kikkisnrdec All Rights Reserved.