読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kikki's tech note

技術ブログです。UnityやSpine、MS製品など技術色々について解説しています。

AWSでWebサイト・アプリを構築する vol.1

AWS

本章では、AWS(Amazon Web Services)でWebサイト・アプリを構築するために、AWS Elastic Beanstalkの作成手順を共有します。

Elastic Beanstalkとは

公式サイトの説明を引用します。

AWS Elastic Beanstalk は、Java、.NET、PHP、Node.js、PythonRuby、Go および Docker を使用して開発されたウェブアプリケーションやサービスを、Apache、Nginx、Passenger、IIS など使い慣れたサーバーでデプロイおよびスケーリングするための、使いやすいサービスです。aws.amazon.com

Elastic Beanstalkは、Webサービスを公開し提供できます。そして大きな強みとして、Webサービスへのアクセス数に応じて、ロードバランシングを含む自動でスケールする仕組みが予め用意されていることです。さらにこの機能は、無料で利用でき、インフラの知識がなくとも高可用性なシステムを構築できます。*1

そこで本章では、サイトからのElastic Beanstalkの設定方法について共有します。

構成想定図

今回、Elastic Beanstalkを使った構成について、以下に図示します。
f:id:kikkisnrdec:20150730123042p:plain

VPCの設定

Elastic Beanstalkを利用してWebサービスを公開するためには、まず、VPCを構築する必要があります。VPC(Amazon Virtual Private Cloud)とは、AWS内での仮想的なネットワーク設定を指します。

構築の流れ

それではVPCを構築していきます。

  • ネットワーキングの「VPC」を選択

f:id:kikkisnrdec:20150730123253p:plain

f:id:kikkisnrdec:20150730123333p:plain
まずVPCを作成します。

  1. VPCの作成」を選択
  2. 「ネームタグ」に今回作成するVPCの名前を、「CIDRブロック」に今回利用するIPアドレスの範囲を記入
    • 「10.0.0.0/16」を指定
  3. 「作成」を選択

f:id:kikkisnrdec:20150730124055p:plain
次にサブネットを作成します。ここでは、4種類のサブネットを作成します。左のメニュー一覧から「サブネット」を選択して下さい。

  1. 「サブネットの作成」を選択
  2. 「ネームタグ」に一意となるサブネットの名前を入力
  3. VPC」に上述で作成したVPCを選択
  4. アベイラビリティゾーン」を指定
    • 2種類は「~~1a」を選択
    • 残りの2種類は「~~1c」を選択
  5. 「CIDRブロック」にアベイラビリティゾーン内で指定するIPの範囲を指定
    • 10.0.1.0/24
    • 10.0.2.0/24
    • 10.0.3.0/24
    • 10.0.4.0/24
  6. 「作成」を選択

f:id:kikkisnrdec:20150730124735p:plain
以下は、サブネット設定完成図です。
f:id:kikkisnrdec:20150730125712p:plain
そして、インターネットゲートウェイを設定し、外からWebサービスにアクセスできるように調整します。左のメニュー一覧から「インターネットゲートウェイ」を選択して下さい。

  1. 「インターネットゲートウェイ」を選択
  2. 「ネームタグ」に一意となる名前を入力
  3. 「作成」を選択

f:id:kikkisnrdec:20150730125748p:plain

  1. VPCにアタッチ」を選択
  2. VPC」で上述のVPCを選択
  3. 「アタッチ」を選択

f:id:kikkisnrdec:20150730125917p:plain
各リソース間のネットワークを構築するために、ルートテーブルを作成しサブネットを関連付けします。左のメニュー一覧から「ルートテーブル」を選択して下さい。

  1. 「ルートテーブルの作成」を選択
  2. 「ネームテーブル」に一意となる名前を入力
  3. VPC」に上述のVPCを選択

f:id:kikkisnrdec:20150730142610p:plain

  1. 上述で作成したルートテーブルを選択
  2. 「サブネットの関連付け」を選択
  3. 「編集」を選択

f:id:kikkisnrdec:20150730142855p:plain

  1. すべてのチェックボックスにチェックを付与
  2. 「保存」を選択

f:id:kikkisnrdec:20150730143127p:plain

  1. 「ルート」を選択
  2. 「編集」を選択

f:id:kikkisnrdec:20150730143222p:plain

  1. 「別ルートの追加」を選択
  2. 「送信先」に「0.0.0.0/0」を入力
  3. 「ターゲット」に上述で作成したインターネットゲートウェイを選択
  4. 「保存」を選択

f:id:kikkisnrdec:20150730143255p:plain

  • ルートテーブルが編集されたことを確認

f:id:kikkisnrdec:20150730143530p:plain

筆休め

本章では、AWSWebサービスを稼働させるために必要なネットワークの設定を行いました。次章以降では、Beanstalkを作成し、Webサーバの構築を行っていきます。

以上、「AWSでWebサイト・アプリを構築する vol.1」でした。

*1:Elastic Beanstalkは無料ですが、サーバー・ストレージ・ネットワークの利用費用はかかります

※無断転載禁止 Copyright (C) 2015 kikkisnrdec All Rights Reserved.