読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kikki's tech note

技術ブログです。UnityやSpine、MS製品など技術色々について解説しています。

CentOSでネットワーク設定

Linux CentOS

CentOSでのネットワーク設定の方法について共有します。

ネットワーク設定ファイル

ネットワーク設定で使用される主要な設定ファイルについて解説します。

  • /etc/hosts

このファイルの主な目的は、他の方法で解決できないホスト名を解決することです。また、DNSサーバがない小規模ネットワーク上のホスト名を解決するために使用します。このファイルには、ネットワークコンピュータの種類に関わらず、localhost.localdomainとしてループバックデバイスのIPアドレス127.0.0.1」を指定する行が含まれている必要があります。詳細は、hosts(5)のマニュアルページを参照してください。

  • /etc/resolv.conf

このファイルは、DNSサーバのIPアドレスと検索ドメインを指定します。詳細については、resolv.conf(5)のマニュアルページを参照してください。

  • /etc/sysconfig/network

このファイルには、すべてのネットワークインターフェイスのルーティングとホスト情報を指定します。

  • /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-interface-name

各々のネットワークインタフェースには、対応する設定スクリプトがあります。各設定スクリプトは、特定のネットワークインターフェースに固有の情報を提供しています。

ifcfg-interface-nameのパラメータ

パラメータの一覧は以下の通り。

設定項目 設定例 概要
BONDING_OPTS "mode=1 primary=eth0 miimon=100 updelay=500" bondingを設定することで、NIC冗長化や負荷分散を行います。ここには、「/etc/modprobe.d/bonding」でoptionsを設定指定しない場合に記載します。
BOOTPROTO none NICの基本的な振る舞いを定義します。
none:
NICに直接IPアドレスを指定します。
bootp:
ブートストラッププロトコルを使用する際に指定します。
dhcp:
DHCPサーバーを別に用意し、NICに自動IPアドレスを割り当てる際に指定します。
BROADCAST 192.168.0.255 "IPADDR" と、 "NETMASK" の値から自動計算されますので、通常はこのパラメータを設定する必要はありません。
DEVICE eth0 NICの識別名です。
DHCP_HOSTNAME host.xxxxxxx.jp DHCPサーバに通知するホスト名です。
GATEWAY 192.168.101.1 ネットワークルーターまたはゲートウェイデバイスのアドレスです。
HWADDR XX:XX:XX:XX:XX:XX NICMACアドレスです。
IPADDR 192.168.101.81 NICに割り当てるIPアドレスです。
MASTER bond0 bond-interfaceはイーサネットインターフェイスが結合されているチャンネルボンディングインターフェイスです。このディレクティブは、SLAVEディレクティブとともに使用します。
NETMASK 255.255.255.0 サブネットのサブネットマスク値です。
NETWORK 192.168.101.0 サブネットのネットワークアドレスを設定します。
ONBOOT yes サーバー起動時にNICの自動有効化を設定します。「yes」か「no」で指定。
PEERDNS no DHCPサーバーがNICにネットワーク設定を割り当てる場合、システムが参照するDNSサーバーの設定ファイル「/etc/resolv.conf」の書き換えを指定します。
SLAVE yes yes:
このデバイスは、MASTERディレクティブで指定されたチャンネルボンディングインターフェイスにより制御されます。
no:
このデバイスは、MASTERディレクティブで指定されたチャンネルボンディングインターフェイスで制御されません。
SRCADDR 192.168.101.99 送信パケット用の指定されたソースIPアドレスを指定します。
USERCTL no root権限でないユーザのデバイス制御を指定します。
yes:
root権限がないユーザは、このデバイスを制御できます。
no:
root権限がないユーザはこのデバイスを制御できません。

ネットワーク機器の確認

まず、ipアドレスが割り当てられているかを以下のコマンドで確認。

ifconfig

もし「eth0」が表示されず「lo」だけ表示される場合には、以下のコマンドで「eth0」を起動させる。

ifconfig eth0 up

再度「eth0」が起動しているか確認する。
次に、ipアドレスが表示されていない場合は、以下のコマンドでnetworkを再起動。

/etc/rc.d/init.d/network restart

再度「eth0」が起動しているかを確認する。
まだipアドレスが表示されない場合は、以下のコマンドでネットワークが認識されているかを確認する。

cat /proc/ioports
cat /proc/interrupts

「eth0」が見あたらない場合は、pcを再起動させて以下の項目を再設定する。

  • BIOSのPlug & Play OSをOFFにする。
  • 使用していないポートをDisabledにする。

ネットワークを設定

以下のコマンドを入力し、ネットワークを設定。

vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

f:id:kikkisnrdec:20120303125208j:plain

上記ファイルの記載内容を以下のように変更。
f:id:kikkisnrdec:20120303125224j:plain

なお、Gatewayの設定値は、「VirtualBoxマネージャー」の

  • 「ファイル」→「環境設定」→「ネットワーク」→「ホストオンリーネットワークの詳細」

に表示されるIPv4アドレス」の値を設定すること。

「eth1」も同様に、ネットワークを設定。
f:id:kikkisnrdec:20120303130712j:plain

設定完了後に、以下のコマンドでネットワーク設定を読み込み

/etc/rc.d/init.d/network restart

最後に、「ifconfig」コマンドで動作を確認

※無断転載禁止 Copyright (C) 2015 kikkisnrdec All Rights Reserved.